《私の本棚 第244》   平成29年3月号

     「人生論ノート」 三木 清 著


  今回の読書感想は特別版になりました。ある意味での一区切りとでも言うべきかと思います。

子供の頃から様々な本に触れてきました。多読でもなければ速読でもなく 作家に夢中になるわけでもなくジャンルに拘るのでもなく

ただ自分の関心が向いたもの 読みたいものを読む。そんな風に過ごしてきました。

子供の頃は夢中になって読んでいた時期もありましたが 今はそこまで物語の世界に入り込むことはできない歳になってしまいました。

  歳をとって時間ができたら読もうと思って 50年ほど前に購入した古典文学全集があります。ほんの数冊しか読了していません。

なかなか歳をとれないようです(笑い)  読みたい本や読まなければならない本が次々に出てくるので仕方がないでしょう。

  書物からは様々な知識 常識 心の動きなどを学びました。それは間違いなく私の人生に良い影響を与えてくれました。

これからも少しずつにしろ 本を読み 考える時間を持ちたいと思います。

  さて この人生論ノートの読書感想ですが 1万字を超えるものですので PDFに変換をしました。表題をクリックして戴くと表示されるよう

に設定いたしました。黒塗りの箇所は 読書感想とは関係のないもので 目障りにならないための措置です。


今後とも少しずつ感想文を掲載するつもりです  時間のある方はお付き合いください。



前の頁、五重の塔      次の頁、桜の森の満開の下         VolV.目次へ    VolV.トップ頁      Vol.U トップ頁   Vol.T トップ頁